フォト屋からの通知を受け取れるようになったよ!更新通知のみなので気軽に登録してください!

VILTROX AF 85mm F1.8 II レンズ収差テスト

1+
スポンサーリンク

VILTROX AF 85mm F1.8 II の収差確認テスト

今回はテストチャートを使ってレンズの解像度、周辺減光、歪曲収差を見ていきます。

※簡易テストになりますのであくまで参考程度にお考え下さい。

参考価格:46,000円前後

ボディ内での周辺減光、歪曲、色収差補正が効きませんでした。

レンズスペック

マウントFEマウント
レンズ構成7群10枚
フォーカスAF対応
フィルターサイズ72mm
絞りF1.8 – F16
絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離80cm
最大撮影倍率1 : 8
サイズΦ80mm × 92mm
重量484g
EXIF レンズ記録対応
手振れ補正ボディ内手振れ補正
実売価格46,000円前後

中央、周辺解像度、周辺減光

解像度テストチャート
VILTROX AF 85mm F1.8 II中央解像周辺解像周辺減光
F1.8963
F2.81082
F4.01091
F5.610100
F8.0980
F11870
F16770
解像度:各項目ごとに本レンズの最高品質を10として評価
光量:周辺減光無しを0とした基準で評価
中央解像度:写真中央

中央解像度はF1.8からF8.0まで良好。正直ポートレートレンズとしては開放で中央がこれだけ写れば十分。
F11から回折現象の影響で若干解像度が低下してF16だとやや甘いと感じる写りになるかも。

周辺解像度::写真右上

周辺解像度はF4.0、F5.6あたりが良好。

本レンズは中望遠のF1.8ということで正直気にするべきF値は解放からF2.8ぐらいかなと思いますが、周辺までびっしり写す使い方はしないと思うので問題ないと思います。

周辺減光:写真右上

周辺減光はやや大きいがF4.0まで絞るとほぼ気にならなくなるしF5.6まで行くとほぼゼロになる。
周辺減光が改善したときやや青みがかかるのが気になるかも。

Lightroomでの歪曲、周辺光量補正

歪曲収差、F1.8の周辺減光

歪曲は糸巻き型
ボディ内での補正が出来ないため後処理をしない人は気になるかもしれません。

Lightroom レンズプロファイル Zeiss Batis 85mm F1.8で補正
表示されない場合ページをリロードしてください。

レンズ情報はEXIFへ記録されるもののLightroomでレンズプロファイルが無いのでプロファイル補正が出来ません。
ただZeiss Batis 85mm F1.8のレンズプロファイルで周辺減光も歪曲も良好に補正され ていい結果になりました。

歪曲収差に関してはほんのわずかに糸巻き型に残るもののゆがみを110あたりにするとほとんど分からなくなると思います。

総評

本レンズは中望遠の明るいレンズということで楽しみ方は中央付近に被写体を置いてがっつり背景をボカすのが多いかなと思います。
そういった使い方では問題に感じる部分は少なそうですし、周辺減光も大きいですがなだらかなので視線誘導にいいですね。

周辺減光や歪曲収差が気になる場合はZeiss Batis 85mm F1.8のプロファイルでほぼ気にならないレベルまで補正が可能です。

シビアな現場向きではないですがなにより安いので値段を考えたら十分コスパの良いレンズだと思います。

1+
レンズテスト
フォト屋をフォローする
この記事を書いた人
フォト屋

カメラマンのための情報共有サイトのフォト屋だゾ!
面白い記事、為になった情報があればぜひシェア、いいね!してくれたらうれしいゾ!

知りたい情報、面白いネタがあったら気軽にコメントで教えてくれたら嬉しいナ!!

SNSもやってるからフォローよろしくネ!!

フォト屋をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォト屋|カメラマンのための情報共有メディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました