【解説】消しゴムじゃダメ?レイヤーマスクってなに?【初心者Photoshop講座】

今回はマスクについてです。
マスクはPhotoshopの重要な機能の一つです。これを使いこなしてこそ真のフォトショッパー(?)になれます。
マスクの機能自体はとても単純です。

スポンサーリンク

レイヤーマスクとは?

マスクとはPhotoshop上のオブジェクトや色調補正などのレイヤーの表示範囲をグレースケールで表したものです。
マスク自体はとても単純で白い部分が表示、黒い部分が非表示になります。

Photohopのワークスペース内レイヤーパネルにレイヤーマスクがあります。

レイヤーの画像サムネイル、調整サムネイルの横にある白い四角部分がレイヤーマスクのサムネイルになります。今は全体が真っ白なので画像も調整も画像全体に表示されている状態になります。

レイヤーマスクの追加

レイヤーマスクはメニューバー>レイヤー>レイヤーマスクから追加できます。

もしくはレイヤーパネル下部にあるアイコンから追加することも可能です。
Optionを押しながら追加すると真っ黒なレイヤーマスクが追加できます。

レイヤーマスクの仕組み

今真っ白なレイヤーマスクが追加された状態になります。
この状態でレイヤーマスクのサムネイルを選択した状態で黒いブラシで塗るとどうなるでしょうか。

レイヤーマスクのサムネイルを選択した状態

黒のブラシで塗ると画像が消えました。
逆に白いブラシで塗るとどうなるでしょうか。

画像の消えた部分が元に戻りました。
これがレイヤーマスクの特徴です。

レイヤーマスクは画像自体を消すわけではなく、マスク(隠す)する領域を指定しているだけなのです。
なので黒で塗ったら見えなくなるし、白で塗るとまた見えるようになります。

この「グレースケールで表されるマスク領域をどうやって作るのか」が肝になってきます。


どうでもいいんですけどGIFにするとスウォッチがいきてるみたいに動きますね…きもい。

レイヤーマスクはレイヤーのマスク

当たり前のことなんですけどね。レイヤーのマスクです。
なので画像レイヤーだけでなく調整レイヤーやテキストレイヤーにも使えます。
例えば

こうやって服だけの範囲でレイヤーマスクを作った色相・彩度のレイヤーを作れば

服の色が変わる

こんな風に服の色だけを変えることもできる。
これは色相・彩度レイヤーの効果がレイヤーマスクによって服以外の部分が隠されているからです。

レイヤーマスクは調整できる

レイヤーマスクは作成した後でも調整ができます。
最初にやったようにブラシや他のペイントツールで直接塗ってもいいですし、レイヤーマスクのサムネイルをダブルクリックもしくは選択とマスクをクリックすると調整画面が開きます。

詳しい使い方は別記事にまとめ次第リンクを貼ります。

レイヤーマスクは超便利

上に書いたようにマスクは隠す領域をグレースケールで表したものです。
たったそれだけです。
実に単純で超便利です。

背景を消す時、初心者の人は消しゴムツールを使ったりします。
消しゴムツールで削除すると、ヒストリーに残っている間は元に戻せますが、ヒストリーの記録限界を超えたり、一旦Photoshopを終了したりするともう元には戻せません。
ですがレイヤーマスクで背景を非表示にしていれば必要な時には元通りに戻せます。

はい、便利。超便利。

そんな便利なレイヤーマスクですが、機能自体は単純明快です。
そのレイヤーマスクを「どうやって作るか」というところにフォトショッパーのテクニックが詰まっています。

その話はまた次回に回しますが、まずはレイヤーマスクの構造を知った上で色々なツールを使ってみるのがいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • レイヤーマスクは超便利!
  • レイヤーマスクはマスク(隠す)領域をグレースケールで表したもの
  • 白い部分が表示されて、黒い部分が非表示になる。グレーの部分の濃度で不透明度を表す
  • 画像レイヤーだけでなく色調補正レイヤーなど他のレイヤーにも使える
  • レイヤーマスクは再調整できる
  • レイヤーマスクをどうやって作るかが重要!
Photoshop初心者講座
スポンサーリンク
フォト屋をフォローする
この記事を書いた人
フォト屋

フォト屋は2019年7月に開設されたカメラマン向け情報に特化したブログ形式の情報共有メディアです!!

面白い記事があればぜひシェアしてください!

更新情報もチェックできるSNSもぜひフォローしてください!
よろしくお願い致します。

フォト屋をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォト屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました