Photoshopが無い時にオススメのフォトショ代替アプリをご紹介!!

スポンサーリンク

業界標準ソフトのPhotoshop

写真や画像編集の業界標準アプリケーションはみなさんご存知の通りAdobeのPhotoshopですが、今はサブスクリプションになり月額を毎月支払う形になりましたね。

仕事で日常的に使うのであれば筆者は安いぐらいのアプリケーションだと思うのですが、ライトユーザーからするとたまに使いたいだけなのに!という意見もあるかもしれません。

そこで今回はPhotoshopの代わりになるであろう無料で使えるオンラインアプリと安く手に入る買い切りのアプリをご紹介します!

ちなみにプロになりたかったり本気で写真編集を覚えようという人はまずはAdobeのフォトグラフィプランをお勧めします。

月々980円〜で業界標準のPhotoshopとLightroomが使用できます。
サブスクリプションは導入コストが低いのがいいところですよね!

月にいっぱいラーメンを我慢すれば使うことができます!^^

※アマゾンにあるのは1TBのクラウドストレージがついて月々1,980円のプランです。

無料で使えるブラウザアプリのPhotopea

最初に紹介するのはブラウザ上で動作する無料で使えるアプリのPhotopeaです。

PhotoshopのデータであるPSDやRAWなんかも編集できる優れものです。
ブラウザ上で動作するので出先でPhotoshopが使えない時なんかにも重宝しそうですよね!

Photoshopとほぼ変わらない見た目

Photopeaはブラウザで開くだけですぐに使用できますが、最初は英語だと思うのでまずは日本語にしましょう。

上部にあるタブからMoreを開くとLanguagがあるのでそこから日本語を選択しましょう。
これで日本語表記に変わります。

操作方法はPhotohopと似ているのでPsを使用できる人であればあんまり迷わずに使用できるかと思います。

クイック選択ツールや修復ブラシツール、スタンプツールなどもありますし、フィルターからぼかしやレンズ補正なんかもありますから便利です。

プロレベルの加工をするのは大変かもしれませんが、軽作業であれば十分。

出先で切り抜き、モザイクなんかができるのはブロガーの人たちには最適なんじゃないでしょうか。

ただオンライン上での動作となるのでファイルの保存はこまめにした方が良いかなと思います。
ブラウザのクラッシュや誤操作で戻ってしまったりしたら編集内容が消えそうなので……。

有料会員になることで追加機能が使えたり記録されるヒストリーの数が増えるようです。

英語ですがPhotopeaのTutorialコミュニティもあるようです。

要望があればフォト屋でも使い方なんかをまとめるかもしれませんが、基本的にPhotoshopと似ているのでPhotoshopの記事を参考にしていただければと思います。

買い切りで使えるPixelmator(Mac用)

参照:Pixelmator

Pixelmatorは無料ではないですが買い切りのアプリケーションです。

Mac App Storeから¥3,600で購入できます。

有料ですが動作自体は軽快そのものでPhotopeaよりもよりPhotoshopに近い編集が可能です。
むしろUI自体はPixelmatorの方が優れている気もします。

バージョンアップもこまめに行われていて対応も素晴らしいです。

Pixelmatorは開くとこんな感じの編集画面になります。

Photoshopの用に一つのウィンドウにまとまっているのではなく各機能がそれぞれウィンドウになり好きな位置に配置することができます。

この辺りは好き嫌いが分かれそうですが、機能自体は必要十分に揃っています。

こちらも操作はPhotoshopに近い形なのでPhotoshopを使用している人なら問題なく扱えるでしょうし、分からなくてもPhotoshopの操作説明が役に立ちます。

ただPixelmatorも画像編集ソフトとしては歴史が長いようでPixelmatorのチュートリアルを探すとかなりの数が出てくるのでそちらを参考にしてもいいかと思います。

実際筆者もPsを使い始める前はこれで画像編集の練習などをしていました。

使いやすかったですし、後々Psに移行することになった時もスムーズに移行できたのでオススメします。
¥3,600ですけどPhotoshopを使うと思えば安いものですしね!

スポンサーリンク

まとめ

無料で使えるPhotopea¥3,600で使えるPixelmatorどうだったでしょうか。

会社の業務でたまに使いたい!とか出先で軽い編集がしたい!などにはぴったりじゃないですか?

ちなみに僕自身一応フリーランスのカメラマンですが、プロを目指している場合はPhotoshopを使うことをオススメします。

フォトグラフィプランだったら¥980でPhotoshopとLightroomが使えますしね。
早めに業界標準に慣れておくに越したことはないですし、やはり情報の量も違うので。

みなさんの参考になれば幸いです!

 

面白いな、参考になったなと思っていただけたらぜひシェアの方よろしくお願いいたします!
読んでいただきありがとうございました!

お役立ち
スポンサーリンク
フォト屋をフォローする
この記事を書いた人
フォト屋

フォト屋は2019年7月に開設されたカメラマン向け情報に特化したブログ形式の情報共有メディアです!!

面白い記事があればぜひシェアしてください!

更新情報もチェックできるSNSもぜひフォローしてください!
よろしくお願い致します。

フォト屋をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォト屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました