【撒き餌レンズ】中古品2万円で買えるSONY FE 50mm F1.8は買いなのか?【Eマウント】

みなさん、「撒き餌レンズ」って言葉知ってますか?
カメラを嗜んでる人には広く知られた言葉ですが初心者の人からしたらなんだそれ?って感じかなと思います。

一眼カメラで写真を始めるときに大抵の人はカメラ本体とセットになった「キットレンズ」といういわゆるズームレンズを使いますが、そこから次のステップとして単焦点レンズを検討する人も多いはず。

そんな人たちをレンズ沼にハメるべく各メーカーが安く出しているレンズ、それが「撒き餌レンズ」です。

スポンサーリンク

ソニーの撒き餌レンズは中古で買お!

撒き餌レンズはキヤノンの50mmが有名で現行モデルは新品で実売17,000円程度でめちゃ安いです。

このモデルの前は確か5,000円ぐらいでした。マウントがプラスチックで明らかに安いレンズ感でしたが驚異的な価格ですよね。

ソニーの撒き餌レンズは新品で3万円程度。現行のキヤノンの撒き餌レンズよりも高いですが中古ならソニーの50mm F1.8も2万円程度で買えます。

筆者はマップカメラで売られていた中古を20,900円で購入しました。
楽天市場のマップカメラで買ったのでポイントが2000ポイント近くついて実質二万円切りました。

ソニーの撒き餌レンズの良い点と悪い点

良い点

  • 中古なら安い
  • 軽い、小さい
  • 作りが安っぽくない(金属マウント)

悪い点

  • AF/MF切り替えスイッチがない
  • AF駆動音がうるさい
  • 純正にしてはAFが遅い

良い点は何よりもこの値段で交換レンズが手に入って単焦点レンズならではのボケ味が楽しめること。小さくて軽いので持ち運びに億劫にならないこと。あとは質感が高いところですね。
マウントは金属で不安感はないですし、フォーカスリングのトルク感も滑らかでとてもスムーズに回ります。

悪い点はAF/MFの切り替えスイッチがレンズにないこと。パッと切り替えたい時には不便です。あとは純正にしてはAFが遅いこととAFの駆動音が少しうるさいですね。

レンズ自体は安っぽくないんですが、AFの駆動音が安っぽい…(笑)このレンズで仕事はしないでしょうが、クライアントの前で使うには勇気のいる駆動音です。
とは言ってもバカみたいにうるさいわけではないので外でポートレート撮る、とかであれば問題はないでしょう。
ただ静かなところで使うとそれいつの時代のカメラ?って感じの駆動音がするので注意です。

AFの速度も純正ってところを考えるともう少し頑張って欲しいですね。
ただAF-Cにすれば瞳AF含めある程度快適に使えます。

オススメの使い方

何より小さくて軽いのでいつものレンズにプラスアルファで持ち歩くのがオススメです。
単焦点はボケ味が綺麗ですがどうしても撮れない画角が出てしまうのでキットレンズ+50mm F1.8で持ち歩くとより写真を楽しむ幅が広がるんじゃないかなと思います。

APS-Cのカメラに使用すればフルサイズ換算で75mmの画角になるのでF1.8でボケるこのレンズはポートレートにもオススメですよ!

小さいので単焦点要るかなぁ…って案件でもカメラバッグにとりあえず入れとけ!って持っていけるのもメリットですね。
仕事で使うには少し頼りないですが被写体さんが素人の場合大きいレンズだと緊張しすぎることもあるのでそういう時にも良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ソニーの撒き餌レンズは少し高いのですが、中古だったら全然有りな値段ですし、キットレンズから次のステップへ進むのなら最初の一本にオススメです。

ただ正直新品だとちょっと高いかな…って感じます。AFが速ければ定価でも全然価値あるレンズだなと思うんですが。
ちなみにAF使わずにMFレンズと割り切って使うのも楽しいものですよ。

今回は作例を交えたレビューではないですが、またそのうち作例を撮れたら紹介しますね。

 

面白いな、参考になったなと思っていただけたらぜひシェアの方よろしくお願いいたします!
読んでいただきありがとうございました!

レビュー 初心者 撮影機材
スポンサーリンク
フォト屋をフォローする
この記事を書いた人
フォト屋

フォト屋は2019年7月に開設されたカメラマン向け情報に特化したブログ形式の情報共有メディアです!!

面白い記事があればぜひシェアしてください!

更新情報もチェックできるSNSもぜひフォローしてください!
よろしくお願い致します。

フォト屋をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フォト屋|カメラマンのための情報共有サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました